どこまでも高みへ

アニメとゲームとアクアリウムのブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ようやくいっぱしの水槽らしくなってきました。
ネオンテトラ×10&トランスルーセントグラスキャット(長いよ)×1を投入。

080127.jpg
(クリックで拡大)
トランス(ryはショップで一目惚れ。だってだって、見てくださいよ。
透けてるんすよ。シースルーですよ。骨まで見えますよ。
買う前は存在すら知らなかったんですが、やっぱり最後は愛だよかがみん。で購入。
ちなみにこう見えてもこいつ、ナマズの仲間。
相当臆病らしいので一人ではかわいそう。
近いうち仲間を連れて来てあげます。

定番ながらネオンテトラはやっぱりいいですね。
水槽が一段と映えます。
スポンサーサイト
現在TVアニメ放送中のCLANNAD。
その実は非常にファンタジックで、かつ難解な物語です。
話を全部理解せずとも十分楽しめますが、理解すればその10倍楽しめると私は思います。

そこで思い切って自分なりの考察を文章にしてみました。
結構前から暖めてたモノなんですが、アニメも中盤、ということで。
かなりの長文、駄文で読みにくいかと思いますが、ぜひ一読を。そしてツッコミを。
完璧に悟って書いた文章ではないので色々矛盾点とかあると思いますので。

当然ネタバレ全開なので、CLANNAD全クリした人だけ読んでね。

ちまたではことみルートが終了し、いざ渚ルート(春原ルート?)というところですが、うちでは空気を読まずにことみルート中盤のレビューです。
もう本放送に追いつこうなど無駄なあがきはしません。
どこまでもマイペースに行きます。

アバン。
あらゆる人間を恐怖の底へ陥れたバイオリンは、無事持ち主のもとへ返されました。

clannada_12_1.jpg

「そのバイオリンね、ちょっぴり古くなってくたびれてるけど、とっても素敵なバイオリンなの。」

上のセリフはことみの妄想です。

現実はこう↓です。

clannada_12_27.jpg

ちょっと違いますが、実際龍鳴閃よりよっぽど破壊力があると思われます。
ことみには海外留学どころか、米軍からオファーがありそうな気がしてきました。
ついに我が家に熱帯魚がやって来ました。

0801122_1.jpg
(クリックで拡大)

パールグラミー×2です。
真珠のような斑点と長いヒレが非常に美しい。
水草の陰から出て来た時は思わず見惚れるほど。
でもこいつの美しさはこんなもんじゃないらしい。
大事に育てよう。

先住人のぎょぴは小型水槽に移ってもらいました。
許せ。ぎょぴ。


ところでこの1週間ほど前、”絶対に枯れない”アヌビナス・ナナが3日のうちに死滅しました。
同じく”絶対に枯れない”オオカナダモにも被害が…
原因不明。なんだったんだろう…
今はもう落ち着いたようですが。
080120_1.jpg

それは重々承知しております。お嬢様。

全てのアニヲタのバイブルとも言うべきガンダム。
俺に足りないのはこいつです。
こないだヲタ友定例会で劇場版ファースト三部作を視聴したので、
この勢いで劇場版Z三部作をを借りてきました。

080120_2.jpg

今から一気に三本見ます。
嘘です。
小分けして見ます。
まぁうちがこんなこと書いても今さら誰も驚かんと思うけど…
詳細は続きにて

公式紹介ページができました。

やべっす。ざざぜざわざざみに惚れてしまいそうっす。
つい触手が伸びてしまいそうっす。

つか今さらだけどエクスタシーってw

「東鳩がXRATEDだったから…エックス…エクス…エクスタシーだ!」
「エクスタシー!」
「エクスタシー!」
「いやっほーう!エクスタシー最高!」

こんなノリで決まったに違いない。

クドルートクリア…


('A`)…

こいつは…確かに地雷です。
悪い意味で衝撃的。
クドのこんな痛々しい姿、見たい奴なんていねーよ…
なんすかこのライター。ハードSすか。
鬼畜は他所でやってください。

確かにkeyの作品はヒロイン(または主人公)をとことん追い詰め、痛みつけることが多いです。
しかし、その痛みは成長の糧であり、後には必ず救いと幸せが用意されていました。
AIRやCLANNADが「泣ける」のは、ヒロインが死んで悲しいからではなかったハズ。

残念ながらクドルートは「クドが可哀想だった」という印象しか残っていません。
ハーフ故の苦悩とか英語を頑張る理由とか、その辺までは良かったんですが…
まぁ、終わり悪けりゃ全て悪しですね。
おかげでせっかくのロリ萌エロが台無しだよ!

散々文句言ってますが、ごめんなさい。まだ言います。
ラスト、理樹のよく分らない超能力でクドを助けますが、何あれ?
「愛があればなんでも出来る」?なめんなよ。
そしてエピローグ、クドの帰還。
なんで心身ともピンピンしてんの?
一家全滅なんじゃないの?しかも一生トラウマものの殺され方だったんじゃないの?

あぁ、もしかしたらあの超能力シーンは全て理樹の夢か。
実は家族とうまく逃げきれて落ち着くまで身を隠してたんだな。
うん、これなら万事解決ですね(棒読み)。

littlebusters_3_1.jpg

B69はぺったんこの度を超してますがな。
ここまでいったらホントにステータスかもしんない。(管理人に貧乳属性はありません)
裸族のお立ち台(ポロリもあるよ!)を買ってみました。
こまりんルートクリア。



こ……怖ッ!Σ(゚Д゚;)

こまりん!目が!目がおかしいよ!
まぁ俺が1周目わざとBADいったせいでもあるんですが。

littlebusters_2_1.jpg

のシーンにはちょっと寒気がした…


シナリオとしてはKeyらしいと言えばらしいシナリオ。
実はヒロインが心に傷を負っている→主人公体張る→ヒロイン復活
こうやってみると今まさにアニメでやってるCLANNADのことみルートにそっくりですね。

しかし惜しい。惜しいんですよ。
バックグラウンドは使える素材を持ってるのにいまいち押しが足りないというか…
さらにギャグも笑えない。。。キャラも萌えない。。。
あ、こうして見ればことみと言うよりもゆきねえルートに似てますね。
うまく料理できなかったあたりが特に。


まぁ話としてはそこそこおもしろかったです。
どっかで聞いたことあるような話だったけど。


ところであのじーさん何者?
いくらなんでも状況一致しすぎてやいませんか?
まさかあのじーさん、60年後の理(ry
お久しぶりです。
そして今さらあけましておめでとうございます。
今年もぐだぐだ更新していきますのでよろしくお願いします。

今年の初詣は太宰府天満宮。
いや、すまん。「初」ではなかった。でもそんなの関係ねえ。

080112_1.jpg

意外にそんなに多くなかった。
ついでに九州国立博物館に寄って教養を深めて参りました。

080112_2.jpg

いつ見ても馬鹿みたいに無駄が多い建物だなあと思いつつ。
京都五山について学んだ。
全く意味が分からなかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。