どこまでも高みへ

アニメとゲームとアクアリウムのブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
入院中につき無期限更新停止。
と思ったけど携帯からなら更新出来ることに気付いた。
スポンサーサイト
nuramago_35_1.jpg

「それって――」なんだ。それって。

これはあれですよね?
つららがリクオを異性として意識していると解釈しても構いませんよね?
「それって――」の後は「妖怪の私でも一人の女として見てくれる?」と続くんですよね?
うはwwwwwwみwwなwwぎっwwてwwきwwたwwww

もっともリクオ自体妖怪と人間のクオーターなんだし、ぬ~べ~だって最後は雪女を選んだのだし、妖怪×人間の異種間交遊には何の障害もないッ!
そしてカナちゃんの空気化は回復不可能な状態まで悪化していくのであった…。

ちなみに前のコマの怒ってる雪女も壮絶にかわいい。

nuramago_35_2.jpg

マフラーネタが来ました。首無の血で汚れたことにたいそうご立腹のつらら。
これが若の血だったら…ともかく若は責任もって新しいマフラーを買ってやれ!

話の本筋から大分ずれてしまいました。
しかしそれも仕方がないというもの。
脇道の面白さがこの漫画の魅力なんだから。

四国の総大将、隠神刑部狸他二名が新たに登場しました。
関東まで出張っている玉章たちと比べ、のほほんとした妖怪たち。
現代では妖怪の力が弱っているのはどの地方も同じようです。

nuramago_35_3.jpg

そんな狸たちの能力が玉章(たまずさ)の葉を使った神通力。
前回犬神を葉っぱに変えた能力もこの一つなんでしょう。
しかしその能力にも弱点があり、かつて人間に封じられたとのこと。
wikipediaでは山ン本五郎左衛門から授かった木槌とありますが、リクオが木槌を手に戦うのはちとカッコ悪いなあ…
その3の続き。
今回は宮城野大橋にスポットを当てます。

kannagi_49.jpg

この橋です。
ちなみに僕はこの瞬間からざんげちゃんが好きです。
ナギなんかよりざんげちゃんが好きです。
彼女になら縛られ踏まれてもニヤニヤしてることでしょう。
ええ、そりゃもう、Mですから。
なんと「かんなぎ 聖地」でググるとうちのサイトがトップに来ることが判明。
今までGoogle先生にはずっと嫌われてたのに…。
ともかくせっかくトップなのだし、もっとブームにあやかろう。
で、またかんなぎの聖地を探してきました。
今回はPart3です。
Part1はこっち。
Part2はこっち。
いろいろ買って来た。

TVアニメ 「CLANNAD AFTER STORY」OP&EDテーマ 「時を刻む唄/TORCH」 / LiaTVアニメ 「CLANNAD AFTER STORY」OP&EDテーマ 「時を刻む唄/TORCH」 / Lia
(2008/11/14)
不明

商品詳細を見る

現在放送中のCLANNADのOP/ED曲。
OP「時を刻む唄」の2番の歌詞は超ネタバレなので、原作未プレイ組は聞かない方がいいかもしれません。
ネタバレにつき反転。
きみだけがきみだけがそばにいないよ
僕たちの僕たちの刻んだ時だよ 片方だけ続くなんて僕はいやだよ
のあたりが特にネタバレ。


センゴク天正記 3 (3) (ヤングマガジンコミックス)センゴク天正記 3 (3) (ヤングマガジンコミックス)
(2008/11/06)
宮下 英樹

商品詳細を見る

センゴク天正記3巻。
連載当初から買い続けてる戦国漫画です。
今巻は長篠の戦い前と終始緊張しっぱなし。でもっていざ開戦!というところで終わってムズムズ。
しかしセンゴクも偉くなったもんだなあ。


081114_1.jpg

さーりゃんかわいいよさーりゃん。
シルファ出ないかなあ。



081114_2.jpg

マクロスF(フロンティア) 1/72 VF-25S メサイアバルキリー オズマ機
(画像は拾い)
これが本命。
アルト機と迷ったけど、やっぱオズマの方が漢だしで決定。
でもまだVF-0Bが完成してないからいきなり積みなんだなこれが。
長く続いた犬神編も今回で終わりのようです。
リクオとの戦いに敗れ弱った犬神を、何のためらいもなく捨てる玉章。

nuramago_34_6.jpg

登場当初は四国組の戦隊長的な扱いだった犬神ですが、最期は玉章の外道っぷりを際立たせるためだけの存在となってしまいました。
しかし人間から嫌われ、信頼していたボスからもカス呼ばわりされた犬神。
なんとも救われない妖怪…。
ともわれ、これで玉章が仲間になるフラグは完全に消滅しました。
その代わり夜雀が仲間になる可能性は少し上がった?


nuramago_34_3.jpg

その夜雀。
効果音が┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨なのは師匠の影響でしょうか。

また、効果音こそ無いもののリクオを認めた玉章は妖怪姿に変化しました。


nuramago_34_7.jpg


もちろん嘘でホントはこっち↓

nuramago_34_1.jpg
「あっ、我は~よう~かい~、隠神刑部狸~玉章~な~り~!」

とは言ってないけどどう見ても歌舞伎役者な狸でした。
姿形だけじゃなく立ち振る舞いやセリフまで歌舞伎者。
つか全然狸じゃないじゃん。狸妖怪と言ったら↑の方が普通のイメージだよなあ。


今週のつらら。

nuramago_34_2.jpg

戦いが終わるや否や真っ先に若に駆け寄るつらら萌え。
なんかこう、子犬的なかわいさがあるんだよな。
サブ水槽(20L)の魚たちが一夜にして壊滅状態…。
ネオンテトラ×3、カージナルテトラ×1、グラスキャット×1が☆になられました。
なんとかグラスキャット×2が生き延びてたけど…。
原因はおそらくサーモスタット。キスゴムが外れてて浮いてた。
それで水温が一時的に急上昇したのが原因かと。
苔の弊害がこんなところに…

これで図らずも水槽二つがほぼ無人(魚?)。
さて、どうするか。
やっと完成が見えてきた…

vf0b_1.jpg

こういう戦闘機プラモは初めてなのでめちゃくちゃ苦労してます。
もはや美しく作ろうなんて考えてない。形が出来ればおっけー。
VF-25の練習のつもりです。

この後鬼のようなデカール張りがあるんだよなぁ。
アニメ「かんなぎ」聖地巡礼。
今回はその2です。
その1はこちら。

まずは誰でもできる舞台探訪。
Google先生にお願いしてみましょう。

kannagi_16.jpg

これは1話冒頭の航空写真。これにもちゃっかり元ネタが。


大きな地図で見る

仙石線陸前高砂駅近く。
しかし例の神社は無く、鼻節神社は遥か10キロ先です。
それにしてもこんなところに山があるのは不自然だよなあ。古墳かい。
かんなぎ第4話を何げなく見えていた時のこと。
仁が美術部の買い出しへ行った街の風景。

kannagi_1.jpg

アレ?

これ仙台駅じゃね?


これはと思い少し調べてみると、意外や意外、かんなぎの舞台は我が仙台市周辺の様です。
行くしかないだろ!とすぐに家を飛び出し、巡礼してきました。(BGM:motto☆派手にね!)
そろそろサブタイトルに凝ってほしくなりました。
「妖怪・犬神」何度続けば気が済むねん。
世の中にはサブタイトルだけで感動できる漫画もあるのだぞ。

今回はまず扉絵に注目。

nuramago_33_2.jpg

ヽ(゚∀゚)ノ 祝!第1巻20万部突破!!!ヽ(゚∀゚)ノ 

すごい!正直ここまで売れてるとは思ってませんでした。
近所の本屋にも某メイトにも置いてなかったのは、売れないからじゃなくて売り切れてたわけですね。
そう言えば今回掲載順結構上だし。


本編。
リクオが覚醒しました。
夜でもないのにヨルオになったのは体育館が真っ暗だったからのようです。

nuramago_33_1.jpg

つららの顔アップだけで拙者は十分でござる。

逆にいえばヨルオ状態で日の光を浴びると元に戻っちゃうのでしょうか。
もしくは灰になるのか。(←ない)
これはちょっとした諸刃の刃ですね。
せっかく1日の1/4しか妖怪になれないという設定があるのだし、そういうペナルティありのバトルが見てみたい。

犬神とのバトルは緒戦は体の大きさを活かした犬神が優勢で、さしものリクオも傷を負います。

nuramago_33_3.jpg

相変わらず1枚絵映えるなあ。
バトルシーンは信者目で見てもいまひとつな出来。
しかし1枚絵とセリフのカッコよさでヒットした作品もあるし、それを作品の味にして伸びてほしいものです。
(とコメントするあたりが信者目かも)

そして今回のバトル最大の見せ場、つららの援護攻撃が炸裂!

nuramago_33_4.jpg

エターナルフォースブリザード。相手は死ぬ。

nuramago_33_5.jpg

すげえ萌える

凍傷とかいうレベルをはるかに超えてます。
触っただけで破壊できるレベル。
ぶっちゃけリクオの剣劇なんていらないレベル。
首無御自慢の糸までバラバラになってるレベル。
今まで戦闘ではいらない子とか言ってごめんよつらら。
たぶん君、青よりつおい。


↓最近の青君
nuramago_33_6.jpg

clannad_after_5_4.jpg
「だいたいあんたのおかげで…」

clannad_after_5_5.jpg
「五十嵐君に勘違いされちゃったじゃないのよー!」

d01.jpg
「ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールド!」
「こんなマニアックな技の使い手がこんなに身近にいたナンテ!」
「この際ドウデモイイケドネ。」

中の人もあって、やたらと美佐枝さんがとミス・チドリに見えてしまった第5話です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。