どこまでも高みへ

アニメとゲームとアクアリウムのブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ことみエンド。

( ;∀;)イイハナシダナー

うん、朋也かっこよかったぞ。
ことみかわいかったぞ。

そうだね、あとはエピローグ消化して次はいよいよ渚攻略だな。



すぅーーーーー(一瞬全身の血の気が引く音)





だばああああああああああああああああwせdrftgyふじこおおおおお!!!!(決壊)

こんな美しい言葉があってたまるかあああああ!!!!

混乱するピーの中、ただピーのために生涯の結晶ともいえるピーを捨てて代わりにピーを詰め込み、ピーに宛てた言葉がこんなにも美しく聞こえるとは!!!
んなマネ出来る人間がいるのかあああ!?
いや、それが親というものなのかあああ!?

ただただ美しい!痛みに耐えて良く頑張った!感動した!美しい国ニッポン!イッポン!キボン!





・・・・・・・・ふー・・・・・・ちょっと落ち着こうね、俺。
そんなんだから通知表の「落ち着いて行動する」の欄がいっつも「もう少し」なんだよ。
ことみエンド。(一応もう一回言っておく)

i_kotomi.png

いやー、やられた、やられましたよ。
涼元さん、すげえよ、あんた。
実は幼馴染でずっと待ってた・・・って展開はありきたりなんだろうけど、それをここまで美しい話に仕上げるとは。
日常のテンポも秀逸だし、杏もフルで出るし(ここ重要)、なんと言っても泣けるし、言うこと無いね!
満点だ!満点っ!

親にとっての一番はいつだって我が子。それ以外に有り得ない。
当たり前のことだけど、ついつい忘れてしまうこと。
いつか俺がひとりの親になったときは、そういう風に思えるのかな。
それ以前に俺はひとりの子供なんだよな。
これからも親と衝突することはあるだろうけど、
「親にとっての一番は俺」
忘れないようにしたいです。

よろしかったらぽちっとお願いします。e_01.gif
スポンサーサイト

くそぅ、名作そうだなー、クラナド。
どうして俺はkeyを避けて大人になってしまったのだろう。
どうして俺はkey作品にATフィールドを感じるのだろう。

結局kanonも最終話まで見れなかったorz

2007.04.10 02:20 URL | エジ #- [ 編集 ]

いやはやもったいないもったいない。
つっても俺もkey以外はやる気ないですけど。

kanon面白かったと思うけどなあ…
まぁ人それぞれ好みというものがあるんでしょうな。

2007.04.10 16:15 URL | ナルゥ #ZjPSPLlA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://narumoka.blog80.fc2.com/tb.php/184-f2e29ff8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。