どこまでも高みへ

アニメとゲームとアクアリウムのブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
泣きました。

前回ではなんとか耐えてみせましたが、今度は駄目でした。
まぁ本望ですけど。

風子ルート終了。
ただ風子ルートとはいっても、朋也は終始渚にベッタリだったので、どこぞの祐一君のように「フラグ魔人」とか「恐怖のナンパ野郎」とか「チビマセ餓鬼」とか「誠氏ね」とかいう汚名は着ずに済みそうです。

clannad_9_2.jpg

もし誠なら、このシーンで確実にたってます。(ナニが)
そして「うっ、あっ、あぁ…」とこの上なく情けない声を漏らします。
いつの間にか話が誠になってますが、仕様です。


clannad_9_1.jpg

渚は意識しちゃってるし。
Nice Nagisa.
いきなし感動ぶち壊しですみません。
こっからは真面目にレビューします。

一緒に暮らしてきた古河夫妻ですら風子のことを忘れてしまい、明日は我が身かというところの朋也と渚は、風子を連れて夜のの学校に忍び込みます。
もう自分たちにできることは風子と一緒にいてあげることだけ。
せめて明後日に控える公子さんの結婚式までは…

視聴者からすれば「寝るな!寝たら死ぬぞ!」な感じ。
結果から言うとあっさり寝ますけど。

そんな中風子が二人にニヤニヤが止まらない(視聴者目線)おせっかいを焼きます。

clannad_9_38.jpg

「大人だったら、親しい女の人は名前で呼ぶべきです!」


clannad_9_6.jpg

「な、…なぎさ……」


clannad_9_5.jpg

「………。」

(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ


そして結婚式の前祝いをしてひとしきりはしゃいだ後、三人はおやすみモードに。

clannad_9_11.jpg

「寝るな!寝たら死ぬぞ!」と叫んだのは俺だけじゃないはず。
そんな管理人の心の叫びは届くことなく、三人はまるで本当の家族のようにひとつに固まって眠りにつきます。
AIRのワンシーン「仲のいい家族のようだな」を思わせるシーンです。
となればそんな幸せは長くは続かないのが物語の定石。
死亡フラグとも言います。

翌日。
clannad_9_13.jpg

既に朋也と渚のそばに、風子の姿はありませんでした。
さらに彼女と一緒にいたということすら忘れている2人。
メモくらい残しとけ。とか言うツッコミは、鍵っ子の私には聞こえませんでした。

clannad_9_14.jpg

「岡崎さん、これ…私の部屋にもあったんです…。
 どこで手に入れたか覚えてないんですけど…
 見てると落ち着くんです。岡崎さんはそんな気持ちになりませんか?」


しかし、朋也も渚も風子のことを完全に忘れてるわけではありません。
記憶にはないけど、感覚だけは残ってる。
朝起きてさっき見た夢がなんだったか思い出せない、たぶんあんな感じ。

勘のいい人なら、この時点で、2人の間の妙な間隔、ちょうど人1人入れる間隔に気付いた方もいるかもしれません。
俺は原作プレイ済みだったので、当然気づきました。
ちなみに画像反転しても浮かび上がってはこないのであしからず。

clannad_9_15.jpg

「ねぇ、明日の日曜付き合いなさいよ。
 椋と一緒に買い物に行くの。」


本筋とは全く関係ありませんが、ま、杏だし。

clannad_9_16.jpg

「幸村先生、何してらっしゃるんですか?」

中庭で幸村のジジイが結婚式の準備をしているのを見かける2人。
ここで、やっと2人は公子さんの結婚式が明日に控えていることを思い出します。
なんで自分たちはそんな大切なことを忘れていたんだろう。
そもそも公子さんの結婚式をお祝いしようと思ったのはなぜだろうか。

clannad_9_18.jpg

「……風子ちゃん!!」
「風子!!」

clannad_9_19.jpg

風子はずっと二人のそばにいたのです。
彼らが自分のことを忘れても、ずっと2人のそばから離れなかったのです。
原作では渚はおらず朋也だけでしたが、どちらにしろ、そんな風子の健気さに涙してしまいました。
ちなみに原作の渚はこの時寝こんでいて、風子のことも既に忘れていました。

ここでひとつ。
渚や朋也すら忘れていた公子さんの結婚式を、あまり縁のない幸村爺が覚えていたのはなぜか。
それは『風子と関わっていない』からだと思います。
風子と話したり、何か関わっていればその記憶を無くしてしまいますが、幸村爺は朋也から頼まれて、公子さんの結婚式をセッティングしただけ。
同じように神父やほかの列席者も、始めから風子の記憶が無いので忘れようもないのではないでしょうか。

clannad_9_21.jpg

そして風子ルートはクライマックスへ。
公子さんの結婚式が始まります。

式を終え学校から出てくると、そこには大勢の生徒たち(+アルファ)が。

clannad_9_27_new_0000.jpg

皆、公子さんのことは知らない生徒ばかり。
風子のしてきたヒトデ配りが報われた瞬間です。

clannad_9_29.jpg

風子はずっとこんな景色を待っていたのです。
自分のせいでお姉ちゃんが幸せになれないなんて、そんなの嫌だ。
大好きな人と一緒になって笑顔で暮らしてほしい。
そして、祝ってあげられない自分のかわりに、出来るだけたくさんの人にお姉ちゃんの幸せを祝ってほしい。
そんな想いから始めたヒトデ配り。
いろいろなことがあったけど、風子は楽しく、頑張ってここまでこれました。

clannad_9_28.jpg

ありがとうございます。風子、楽しかったです。



clannad_9_30.jpg

おめでとう、お姉ちゃん。
いつまでも、いつまでも幸せに。
ずっと、幸せに…。





なんか書いてたらまた涙出てきたよ…・゚・(つД`)・゚・


後日、校内は「伊吹先生の妹」の話で持ちきりとなっていた。
かわいくて、純粋で、一生懸命で、校内を走り回る、そんなイメージの女の子。
そして誰もがその女の子を待ち望んでいた。



clannad_9_39.jpg

風子と、お友達になってください!





ああうああああああごめんなさいごめんなさいごめんなさい。
泣いてたからつい貼り間違えちゃったんでしょう。

よろしかったらぽちっとお願いします。e_01.gif
スポンサーサイト

風子は幸村先生の授業を朋也たちと休みの日に受けていたので関係がないということは無いのでは?

2008.02.24 18:02 URL | shuri #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://narumoka.blog80.fc2.com/tb.php/246-7fd70543

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。