どこまでも高みへ

アニメとゲームとアクアリウムのブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
クドルートクリア…


('A`)…

こいつは…確かに地雷です。
悪い意味で衝撃的。
クドのこんな痛々しい姿、見たい奴なんていねーよ…
なんすかこのライター。ハードSすか。
鬼畜は他所でやってください。

確かにkeyの作品はヒロイン(または主人公)をとことん追い詰め、痛みつけることが多いです。
しかし、その痛みは成長の糧であり、後には必ず救いと幸せが用意されていました。
AIRやCLANNADが「泣ける」のは、ヒロインが死んで悲しいからではなかったハズ。

残念ながらクドルートは「クドが可哀想だった」という印象しか残っていません。
ハーフ故の苦悩とか英語を頑張る理由とか、その辺までは良かったんですが…
まぁ、終わり悪けりゃ全て悪しですね。
おかげでせっかくのロリ萌エロが台無しだよ!

散々文句言ってますが、ごめんなさい。まだ言います。
ラスト、理樹のよく分らない超能力でクドを助けますが、何あれ?
「愛があればなんでも出来る」?なめんなよ。
そしてエピローグ、クドの帰還。
なんで心身ともピンピンしてんの?
一家全滅なんじゃないの?しかも一生トラウマものの殺され方だったんじゃないの?

あぁ、もしかしたらあの超能力シーンは全て理樹の夢か。
実は家族とうまく逃げきれて落ち着くまで身を隠してたんだな。
うん、これなら万事解決ですね(棒読み)。

littlebusters_3_1.jpg

B69はぺったんこの度を超してますがな。
ここまでいったらホントにステータスかもしんない。(管理人に貧乳属性はありません)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://narumoka.blog80.fc2.com/tb.php/266-2c57ce6e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。