どこまでも高みへ

アニメとゲームとアクアリウムのブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ちまたではことみルートが終了し、いざ渚ルート(春原ルート?)というところですが、うちでは空気を読まずにことみルート中盤のレビューです。
もう本放送に追いつこうなど無駄なあがきはしません。
どこまでもマイペースに行きます。

アバン。
あらゆる人間を恐怖の底へ陥れたバイオリンは、無事持ち主のもとへ返されました。

clannada_12_1.jpg

「そのバイオリンね、ちょっぴり古くなってくたびれてるけど、とっても素敵なバイオリンなの。」

上のセリフはことみの妄想です。

現実はこう↓です。

clannada_12_27.jpg

ちょっと違いますが、実際龍鳴閃よりよっぽど破壊力があると思われます。
ことみには海外留学どころか、米軍からオファーがありそうな気がしてきました。
週末。
朋也はアホの子3人にツンデレ1人連れて集団デート(てかハーレム)を敢行していました。

clannada_12_8.jpg

OH! SHIT!
こいつはU一以上のナンパ野郎だぜ!


しかしよく考えれば朋也がセッティングしたわけではないし、ナンパ野郎というわけではありませんでしたね。
三次元でこんなことがあったら、一番苦痛なのは朋也のほうなんだし。
まぁ朋也に軽く殺意を覚えることには変わらないんですが。

あーそれと杏の私服がジャージじゃなくて本当に良かった。

そんな中、ことみの誕生日が近いこともあり、みんなでプレゼントを贈ることになりました。
狙いはUFOキャッチャー。Kanon舞ルートのオオアリクイ。
しかしあまりのでかさに何度やっても取ることができません。
俺の嫁の杏は顔と性格が半ばハルヒになりながら周囲に当たりだしました。

clannada_12_9.jpg

「じゃあ俺―」
「誰かいないの!?あたしなら取れるってつわものはー!」


clannada_12_13.jpg

「風子、参上!」

    ( Д )  ゚  ゚


clannada_12_26.jpg


あの感動を返せーーヽ(`Д´)ノーーー!!!111

これは予想外。原作組にも予想外。
いくら風子マスターになったからと言って、ここまで原作に忠実にいくとは。
てっきり風子はあとは終盤くらいしか出番ないと思ってたのに…
まぁ大いに笑わせてもらったから許してあげます。

あぁ、風子は大方の予想通り、なんの役にも立たず去っていきましたとさ。
さすが風の子。

Aパートはギャグメインのほのぼのパートでしたが、そうなるとBパートが心配になるのがあらゆるドラマの鉄則。
そしてそれは朋也の幼き頃の記憶から始まりました。

clannada_12_17_new_0000.jpg

あれ?夢で記憶を取り戻すってどっかで見たことあるぞ?
確かKano(ry

予感は現実のものに。
朝、ことみの豊かな胸元を堪能していた朋也達の元に、渚が触覚を振り乱しながら走って来ました。
何か尋常ならぬ事態なのは一目で分かります。

clannad_12_28.jpg

「杏ちゃん、椋ちゃんってバス通学でしたよね?
そこの交差点でバスが事故を起こしていて…」



clannada_12_18.jpg

交差点では大破したスカイラインに横転したバス。
傍目では「下手すると死人が出てる」ほどの大事故です。
ところが奇跡的にもバスは回送。
双方の運転手とも怪我は無く、椋の無事も確認でき、ひとまずは安堵…のはずでした。

この光景を見て、ことみが壊れました。

clannada_12_19.jpg

声にならない悲鳴をあげて倒れこむことみ。
彼女は「大切な人を事故で亡くす」ことにトラウマを持っていたのです。
ちなみにどうも能登ボイスに違和感のあった管理人ですが、
この瞬間能登さんを見直しました。
いや、絶叫すげえ。マジで。背筋が凍りました。

ことみは早退し、そのままひきこもってしまいました。
心配になった朋也は一人で彼女の家に向かいます。

clannada_12_20.jpg

そこで彼女をストーキングしていた変態紳士に出会い、事情を聴きます。
彼女の両親は「僕」と「彼女」がいた幻想世界について研究していたようです。
超ひも理論という話も聞きますが、詳しいことは知らないのでなんとも言えません。
そして、その研究の世界的な権威だった。しかし今は…

clannada_12_24_new_0001.jpg

導かれるようにことみの家に入る朋也。
奥には切り取られた本のページや新聞記事が張り巡らされた不気味な部屋。
その中に佇むことみ。
朋也は記憶を完全に取り戻します。

「俺達、出会ってたんだな…子供のころに…」

人の記憶とは非常に曖昧なもので、結構簡単に忘れたり、改変されたりするといいます。
特にその記憶が自分にとって触れたくないものであればあるほど、防御本能で記憶を消してしまうのです。
ことみと朋也にとって、それはトラウマものの記憶だったのでしょう。
そうでなければ話が進みませんし。



やー、今回は面白かった。
ほのぼのAパートから急転直下のBパート。
尺にも余裕があり、じっくり描かていたと思います。
あとことみ編終了までギャグ要素は一切無いでしょう。
心して視聴せよ。
(と言いつつとっくに見終わってるんですが。)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://narumoka.blog80.fc2.com/tb.php/271-e430054a

CLANNAD 第12回「かくされた世界」
 伏線というものがある。「複線」ではない(よく誤変換されるが)、それは行きと帰りの電車が互いにすれ違うことの出来るように「上り1本...

2008.01.24 22:02 | Old Dancer\'s BLOG

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。