どこまでも高みへ

アニメとゲームとアクアリウムのブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今週はセンターカラーだよわっほい。

nuramago_27_1.jpg

一部拡大。

nuramago_27_7.jpg

なんでわざわざこんな事をしたかと言うと、今週の雪女もといつららの出番がここだけだったからです。はい。
今週の後半、いつもの若護衛メンバーにつららがいませんでした。
なぜでしょうか。考えてみました。

1.若(or烏天狗)に頼まれて別行動。
2.いざという時のため本家待機。
3.先週の若のあまりのかっこよさに照れて自分から別行動。

普通に考えたら1か2なんだろうけど、あえて3を妄想して萌えてる次第であります。
妄想って便利だな。

本編。
袖モギ様に袖を取られ、うっかり振り返ってしまった鳥居さん。
もののけ姫のコダマっぽい袖モギ様の顔は、鬼のような形相に変わり、彼女に「わしの名を呼べえ!!」と叫びました。

(イメージ)
nuramago_27_2.jpg
なんだ雑魚か。と感じても無理はないよなあ、このセリフ。

そしてすんでのところで黒田坊登場。
彼はぬら組の突撃隊長。そんじゃそこらの妖怪に後れは取りません。

と こ ろ が

nuramago_27_4.jpg

取られてる。取られてるよね。袖。
でも袖モギ様の呪いがきいた様子はありません。
どうやら自分より強い妖怪には呪いは効かないようです。
本当の雑魚だこいつ。

それに土地神殺しとか言ってたくせに、わざわざ人間を襲ってかえって目立ってます。
素直に千羽様の袖引っ張っておけばよかったのに。何がしたいんだこいつは。

nuramago_27_5.jpg

袖モギ様に逃げられた後、鳥居さんの命は朝までと知り、黒田坊が漏らした一言。
以前手のひらに感じた、成長途中だか確かに存在したあのふくらみを忘れられないからでしょう。
このロリコンどもめ!

nuramago_27_6.jpg

おまわりさーん、ここです、ここですよー。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://narumoka.blog80.fc2.com/tb.php/327-c6f206a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。