どこまでも高みへ

アニメとゲームとアクアリウムのブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
咬みつくよ。

nuramago_31_3.jpg

もっと咬みつくよ。

nuramago_31_4.jpg

まだ咬みつくよ。
nuramago_31_5.jpg

これでもかと咬みつくよ。
nuramago_31_6.jpg

いい加減ウザくなるほど咬みつくよ。
nuramago_31_7.jpg

咬み(ry


犬が咬みついただけで終わった三十一幕でした。
次回巻頭だからって引き延ばしすぎだよ椎橋先生!


nuramago_31_1.jpg

そんな咬まれまくったリクオの中の人は首無でした。
うわーびっくりー。
ぼく、ぜんぜんきづかなかったよー(聞く人すべてを不快にさせる棒読み)
そりゃあ首は無いけど、さっき肩あたりを死ぬほど咬まれてたように見えたが。
首無君、痛くないのだろうか。

今回は展開が見え見えでかつ遅いと、正直つまらない回でした。
犬神の生まれとかは結構興味深いものがありましたが。
次回の巻頭での盛り上がりを期待します。

nuramago_31_2.jpg

半泣きのつららでテンションうp。



スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://narumoka.blog80.fc2.com/tb.php/338-3de73148

ぬらりひょんの孫 第三十一幕「妖怪・犬神 その?」の感想
犬神の首が無力な昼のリクオを襲う!第三十一幕の感想です。

2008.10.21 21:55 | さくら日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。