どこまでも高みへ

アニメとゲームとアクアリウムのブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
だいぶサボっていたKanonレビューを気まぐれ再開。

初っ端からブルーの名雪さん。
一体どうしたのでしょうか。あの日なんでしょうか。

kanon_16_2.jpg

最近旦那の様子が変なんです。
勝手にキツネと結婚したかと思ったら今度は先輩と夜の学校でハッスルしちゃったりして。
いや、祐一の女癖が悪いのは今に始まったことじゃないけどさ。
それでも私が正ヒロインなのよ。本妻なのよ。居候のたい焼き泥棒なんかじゃないよ。
このままだと本妻どころかただのメイドさんだよ。

ジゴロな旦那を持つと苦労しますね。

そしてその旦那はというと。

kanon_16_3.jpg

今日もナンパしてました。

「わさびは?」
「見るのも嫌です。」
「からしは?」
「名前を聞くのも嫌です。」
「相沢祐一は?」
「人類の敵です。」
「Kanonは?」
「大好きです」

kanon_16_5.jpg

祐一なんか死んじゃえー。


そんな人類の敵な祐一君ですが、彼の楽しいナンパライフは長続きしないのです。
そうでないと名雪さんがシン・アスカのように一生日の目を見ることができなくなってしまいます。

香里に呼び出された祐一は栞が余命いくばくも無いことをカミングアウトされます。
明かされた衝撃の事実!さて、祐一のとる行動は?

kanon_16_4.jpg

「あの子、なんのために生まれてきたのよぉぉぉ!!??」
「そこに俺がいるからさ。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

祐一の不幸な少女エンカウント率は黄金の爪を取った後のピラミッド並みです。

いますぐ俺と変われ祐一
って思った同志はぽちっとお願いします
e_01.gif
買いましたよ。

Kanon 1 Kanon 1
石原立也、 他 (2007/01/01)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


ええ、なんだかんだ言って買うんですよ、私は。
金が無いとかそこまでヲタじゃないとかレンタルでいいじゃんとか言いながら。

【本編】
視聴後

(゚∀゚) 買って良かった!
改めて見ると真琴のプリクラで早くも決壊しそうになる20代男。
あ~早くも2巻が待ち遠しいであります、隊長!

【コメンタリー】
原作ゲームの神音楽を提供した折戸さん、その独特な絵柄から根強いファンを獲得したいたるさん、ついでに(失礼)グラフィッカーのしのり~さんが登場。

視聴後

(´Д`;) すげーぐだぐだ・・・
皆さん慣れておられないようで・・・。カチカチです。
折戸さんが一人で頑張ってました。もうちょっと盛り上がっても良いではないか。
ちなみにまたもや京アニがべた褒めされています。うむ、よいぞよいぞ。

やっぱり信者なら買うっきゃないでしょう
って方はぽちっとお願いします
e_01.gif
クリスマスイブに冬の代名詞、Kanon(こんなこと言ってる時点で何かがおかしい)のレビューをする自分に自己陶酔状態のナルゥですが、世間の冷ややかな目線なんかに負けません。
これをやらなくてはうちのサイトが急に廃れるのが先週実証されたことですし、なにがなんでもやりますとも。そんなこんなで今週のkanonです。

オープニングはロリあゆとクソマセ餓鬼祐一。
Kanon_12_1.jpg

こんな年端も行かないころから祐一のジゴロ伝説は始まっていたようです。
一度に2つ3つは当たり前などとどうしようもない自己アピール(ハッタリ)をかましつつ、いざ取れないとなるとUFOキャッチャーごときに2000円もつぎ込みます。さらにその後、信じられないような所業に出るのですが、ここではまだ女の子に優しいただのジゴロ。

~祐一のジゴロテクニック~
・女には自分を精一杯アピールせよ。(それが事実無根でも良い)
・女をオとす為には出費を厭うな。

0612113.jpg

全く・・・話云々よりまず京アニの演出が憎い・・・!
この淡い配色は卑怯だって言ったでしょ!
だめだ・・・もう見てられねえ(.;ロ;;)
幼児退行は卑怯です。イヤでも観鈴ちんを思い出します。
このままで行くとただの悲劇。救いはあるのでしょうか。

0612011.jpg

春が来て、ずっと春だったらいいのに・・・

冒頭のこの台詞とか「もう春が来ることはない」って意味でしょ?
切な過ぎますよ・・・。
いかん、今回早くもうるっときてしまった・・・

0611251.jpg

朝、祐一は拾ってきた猫の名前を「ピロシキ」と名づける。
相変わらず祐一のネーミングセンスは酷いもんがありますww
今回はあゆの独白は無し。完全に真琴シナリオに入ったってことでしょうか。

0611181.jpg

第5次(だっけ?)真琴の襲撃。
今回はなんと寝てる間に祐一の髪をバッサリといくおつもりだったようで。
鬼のいぬ間に洗濯ならぬ鬼の寝る間に散髪
もっとも当然のように祐一に看破されますが、彼の睡眠時間は減る一方です。
0611108.jpg

夢・・・夢の始まった日・・・
木漏れ日の光がまぶしかった。
雪の感触が冷たかった。
そして、小さな子供が泣いていた。
その泣き顔が、今も思い出せない・・・


この子供ってどう見ても祐一だよね?
やはり7年前にあゆとの間でなにかあったようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。